初めての車を選ぶ際のポイント

初めての車を選ぶ際のポイント


初めて車を選んだものの、失敗してしまったという方は少なくありません。そこで車選びを成功させるためのポイントをご紹介しましょう。

運転のしやすさ

特に重要なのは、運転しやすいかどうかです。体型や身長など、様々な理由によって運転しやすい車は変わるので、どれがいいかは人それぞれだといえます。

また小回りが利きやすいタイプの車を選んでおくと、狭い道でも便利ですし、ボンネットが短い車のほうが、距離感をつかみやすくなります。他にもバックモニター付きなど、運転や駐車をサポートするための機能が搭載されている車があるので、そういったものも含めて検討してみましょう。

車を使用する目的

初めて車選びをする際には、どのような目的で車を使用するのかもよく考えておかなければなりません。例えば見た目重視で、かっこよくて大きな車を購入したものの、日々の買い物に使うには燃費が悪すぎたなどの失敗もあります。

普段使いするなら、燃費の良い車を選びたいですね。

またアウトドアなどに出かけることが多いのなら荷物がたくさん積める車、長距離移動をするのなら疲れにくい車など、使用する目的ごとに向いている車が変わります。

予算

希望をすべて通すと、予算範囲内に収まらない可能性があります。まずはいくらかけられるのかからよく考えましょう。

「高額になってもローンを組めばいいや」と考えてしまう方もいるようですが、実際に支払いが始まってから自分の生活を圧迫するようなローンの組み方はしないように注意が必要です。

新車か中古車か

自分が希望する条件を通そうとすると、新車購入の予算が足りないという場合は、中古車を検討するのもおすすめです。中古車でも状態の良いものがたくさん出ています。

特に運転があまり得意でないと実感している方は、すぐ傷付けてしまう可能性も考え、最初から高価な車を購入するのは避けておいたほうが無難です。

初めての車は中古車がおすすめ

初めての車選びをする際には、中古車から検討してみてはどうでしょうか。というのも、運転に慣れていないうちは傷付けてしまう可能性が高く、新車を購入してもすぐにボロボロになってしまう可能性があるからです。運転に慣れて自信がついてから、新車の購入を検討したほうが安心でしょう。

また中古車は、新車に比べて価格を抑えて購入できるので、自分の希望をあれこれ通しやすいのが魅力だといえます。

中古車を購入する方法

中古車を購入するには様々な方法がありますが、代表的なのは中古車販売店で購入する方法です。

実際に自分の目で見て、気になる車を選べるのも魅力だといえるでしょう。一口に中古車販売店といっても、ディーラー系中古車販売店もあれば一般中古車販売店もあるので、いろいろ見て回ってみるのがおすすめです。

近年はネットオークションで購入する方もいますが、何かとトラブルも発生しやすいので、慎重に情報を集めたり、見極められない方には向いていません。特に初めて車を選ぶ初心者の方は、トラブルに巻き込まれやすいので避けておいたほうが無難だといえます。

信頼できる中古車販売店で、いろいろ相談をしながら決めてみてはどうでしょうか。

車の購入時と購入後に必要な費用

車を購入する時にかかる費用と、購入後にかかる費用についてご紹介します。

購入時に必要な費用

購入する際にかかる費用といえば、車両の費用です。

しかし他にも、様々な費用がかかります。車両の費用しか考えていない方もいるので、十分に注意しておかなければなりません。

車を購入する際には次のようなものがあります。

  • 自動車税
  • 重量税などの税金
  • 保険料
  • ローンの金利
  • 車検代
  • メンテナンス費用
  • ガソリン代
  • 駐車場代

オプション価格は10万~50万円程度が相場となっているので、このあたりもよく考えておく必要があります。

また税金には、車両本体代にかかる税金のほか、自動車取得税というものが発生するので注意が必要です。

自動車取得税は中古だと割引がありますが、新車の場合は車両代の2~3%必要です。

諸手続き費用についてですが、車種によって差はあるものの、2万円程度の費用が発生する自動車リサイクル費用、1万円程度の納車費用がかかります。

車庫証明と検査登録手続きを販売店に依頼した場合は、それぞれ1万円程度の費用がかかるので、可能であればこちらは自分で行って費用を抑えましょう。

購入後に必要な費用

車を維持するのにもお金がかかります。代表的なものは以下の通りです。

  • 自動車税
  • 重量税などの税金
  • 保険料
  • ローンの金利
  • 車検代
  • メンテナンス費用
  • ガソリン代
  • 駐車場代

よく高速道路を走る方は、高速料金についても考えておく必要があります。できるだけ費用を抑えるために、メンテナンス費用を削ってしまう方もいますが、適切な整備をしないと早い段階で車が傷んで、高額な修理代が必要になってしまうので、十分に注意しておきましょう。

車検代などはディーラーではなく、カー用品店やガソリンスタンドなどに依頼することによって安くなります。

また運転の仕方によってもガソリンの減り方が変わってくるので、こういったポイントで節約に努めましょう。

初めての車選びは慎重に

初めて自分の車を購入する際には、気持ちが高ぶってあまり細かいポイントをチェックせずに購入を決めてしまう方がいます。ただ単に見た目が好き、価格が安いなど、1つのポイントだけを重視して決めると失敗しやすくなるので、十分に注意したいですね。

できることなら車に詳しい人と一緒に、お店を訪れてみるのがおすすめです。安い買い物ではないので、納得のいく車選びができるように知識を身につけてから、販売店に足を運びましょう。

この記事を書いた人

みんなのクルマ選び編集部
みんなのクルマ選び編集部です。中古車の選び方やネットに無い本当の中古車情報の発信をしています! また、中古車なのに新車と同様の車内空間「Newsed CAR(ニューズド・カー)」の発信をしています。 これからの中古車は他人の匂いがしない「Newsed CAR(ニューズド・カー)」が中古車選びのスタンダードになってきます。


~中古車特有、前所有者の匂いの痕跡を消して新しい中古車へ。~
Newsed CAR(ニューズド・カー)のみ掲載の「みんなのクルマ選び