中古車として輸入車を購入したい!選び方のポイントや注意点を解説

輸入車と国産車の違いとは

中古車として輸入車を購入したい!選び方のポイントや注意点を解説

輸入車と国産車では、違うことがいくつかあります。

それぞれの違いを理解しておくと、自分に向いているのはどちらか想像しやすくなるでしょう。

具体的には次のような違いがあります。

価格

昔に比べると、輸入車と国産車の価格の違いは小さくなってきました。

これは国産車の性能が向上したことにより、価格も上昇したことが関係しています。それでも輸入車のほうが高いです。

ハンドルの位置

一般的に輸入車は左ハンドルの車が多いですよね。これに比べ、国産車は右ハンドルです。

ただ近年は右ハンドルの車を販売する輸入車も増えてきました。

想定されている環境の違い

海外で人気の高い輸入車の中には、道路が広い海外だからこそ安心して走らせられるような大型の車も多いです。

日本は道が狭くて入り組んだ道路が多いため、大型の輸入車だと不便に感じてしまうポイントもあります。

中古車として輸入車を購入する方法

中古車として輸入車を購入したい!選び方のポイントや注意点を解説

新車ではなかなか検討できないような高額な輸入車も、中古なら手を出しやすくなります。

購入する際には近所の中古車販売店だけを回るのではなく、インターネットを活用して全国から気になる輸入車を探すのがおすすめです。

近年はオークションなどを活用して購人も増えてきましたが、安全性が高いとはいえません。

基本的に国内の中古車販売店で中古の輸入車を購入する手順と変わらないので、それほど心配はいらないでしょう。

他に外車の正規ディーラーが販売する「認定中古車」と呼ばれる中古車を購入する方法もあります。

保証の違いに注意

国産車に比べると輸入車は壊れやすいといわれることがあります。ここで気をつけておかなければならないのが、中古で購入した際の保証が国産車に比べて充実していない場合があるということ。

長期間の保証が付けられていないものも多いです。輸入車に対しても十分な保証を用意している販売店もあるので、よく確認した上で購入しましょう。

中古の輸入車を選ぶ際のポイント

中古車として輸入車を購入したい!選び方のポイントや注意点を解説

輸入の中古車を選ぶ際には、国産車を購入するのとは少し違ったポイントがあります。次のことをおさえておきましょう。

認定中古車か、中古輸入車か

正規ディーラーによる認定中古車は、しっかり点検や整備がされているため信頼度が高いです。

一方で中古業者が販売している中古輸入車の中には整備が行き届いていないものもあるため、よく確認しなければなりません。

格安で購入できるのは、中古業者が販売している中古輸入車のほうですが、信頼できる業者で購入しましょう。

車の仕様を確認

特に雪国で乗られることが多い輸入車は、日本で快適に運転するのが難しいケースがあります。というのも暖房設備はしっかりしているものの、冷房が効きにくいケースがあるからです。

そういった車を選ぶと夏場に大変な思いをするので気をつけましょう。

メンテナンスがしっかり行われたもの

国産車に比べると輸入車は壊れやすいといわれているため、きちんと定期的なメンテナンスが行われていた中古車を選ぶようにしなければなりません。

この際にできることなら、前のオーナーが一人のみであるワンオーナーを選ぶのがおすすめ。これまでにどのようなメンテナンスが行われてきたのかがわかりやすいです。

国産車と同じように、走行距離があまり長くない車のほうが状態も良いので、走行距離にもこだわってみましょう。

中古の輸入車を購入する際の注意点

中古車として輸入車を購入したい!選び方のポイントや注意点を解説

輸入車を購入する際の注意点についてまとめました。

保証期間が短いものが多い

販売している中古車店によって、具体的な保証の内容が異なります。せっかく憧れの輸入車を購入してもすぐに故障してしまったということになると大変なので、ある程度保証期間が長く設定されているものを選択すると安心です。

輸入車は故障した場合に修理費用が高くなりがちなので、十分に気をつけておかなければなりません。

できれば試乗した上で考える

輸入中古車もインターネットサイトを通して購入できるようになっていますが、やはり細かいことは乗ってみなければわかりません。

可能であれば実際に試乗してみて異音や臭いがないか確認したいですね。

格安の輸入車は注意

輸入車は中古でもある程度の価格となっています。そのため100万円を大きく切るような輸入車は、何らかの理由が隠れている可能性が高いので気をつけておきましょう。

安く購入できてもすぐに高額な修理費用が必要になるような車だと意味がありません。

必ずしも左ハンドルが良いわけではない

国産車は基本的に左ハンドルなので、輸入車を選ぶ際にもできるだけ左ハンドルにこだわる方がいます。

しかし確かに左ハンドルで作られている輸入車もありますが、中には右ハンドルのものを無理に左ハンドルにしているために操作性が悪くなっているものがあるのです。

このあたりにも気をつけておきましょう。

車内の臭い・他人の匂いに注意

試乗した際や状態確認の際に車内の臭い・他人の匂いに注意して下さい。

他人が乗っていた車なので、車内の臭い・他人の匂いが残っているはずです。購入後、不快感に悩まされるケースも多くきかれます。

芳香剤や消臭スプレーで臭いを抑えようとしても、原因は「エアコン(厳密にいうと、エアコンの奥のエバポレーターの汚れ)」なので、根本解決に至りません。

エアコンのクリーニングが必要になってきます。例えば「みんなのクルマ選び」に掲載されている、中古車販売店では、

購入時にカーエアコンのクリーニングを行えるのでおすすめです。(個人では行うことは難しく、専門家にお願いするのがおすすめです。)

中古なら輸入車も検討しやすい

中古車として輸入車を購入したい!選び方のポイントや注意点を解説

輸入車に憧れているけれど、新車は費用の問題でなかなか購入できないと悩んでいる方は、今回ご紹介したように中古車を選んでみるのもおすすめです。

ただ国産の中古車に比べるとどうしても高額になるので、できるだけ慎重に選ぶことが大切だといえます。記事の中で解説した選び方のポイントや注意点も参考にしてみてくださいね。