中古車はどのように価格が決まるの?

中古車の価格を左右する要因

中古車はどのように価格が決まるの?

同じ年式、種類の中古車だったとしても、車によってかなり中古車価格に違いがあります。
これはどういった理由からなのでしょうか。

代表的な理由は次の通りです。

需要と供給のバランス

中古市場に全く出回らないような中古車は、価格が高くなりがちです。

反対にどこの中古車販売店にも溢れているような車種は、安く購入することができます。

非常に人気が高い車種は、こういった理由から価格が高くなるのです。

気をつけなければならないのが、日本国内ではそれほどニーズの高くない車種だったとしても、海外で選ばれている車両は高くなるということ。

国内で出回っている数が多いからといって、必ずしも安くなるわけではありません。

車検の状態

車検が十分に残っている車は、そうでない車に比べて価格が高くなります。

車検切れの中古車も多数販売されていますが、実際に乗る際には車検を通さなければなりません。

一般的に軽自動車なら7万円普通自動車なら10万円ほどの車検費用がかかります。

車検が残っていれば、初期費用としてこの費用がかからないことになるので、車検が残っている中古車にこだわっている方も多いのではないでしょうか。

しかし必ずしも車検が残っていたほうがお得とは言い切れません。というのも、車検が残っていれば、その分車両費用が高くなるからです。

そのため、あまりに車検にこだわりすぎないように注意しましょう。

車両の状態

車両の状態をよく確認するというのも、非常に重要なチェックポイントです。

まず走行距離に関しては、しっかり確認しておきましょう。

一般的に普通車は40万キロ以上でも安全に走れるとされています。ですがあまりにも走行距離が長い車は、避けておいたほうが無難です。

走れば走るほど車は傷んでいくものですし、その間適切なメンテナンスがされていたとは限らないからです。

また走行距離が長すぎる車は過走行車と判断され、状態が悪い可能性があります。目安として、1年間の走行距離が8,000~1万キロ程度なら適切とされているので、これに該当するか確認しておきましょう。

反対に適切とされる走行距離よりも、極端に走行距離が短いものも注意しておかなければなりません。

例えばずっと倉庫などに置かれていて、ほとんどメンテナンスもされていない車という可能性もあるからです。

メンテナンスも非常に重要なポイントだといえるでしょう。特に車の内部は傷んでいたとしても、外からなかなか見えないので見た目で判断することはできません。

相場に比べてあまりにも価格が安いと感じる場合は、車両の状態が悪い可能性があるので販売員に良く確認が必要です。

修復歴・事故歴

中古車を探している時に、「修復歴あり」というように記載されているのを見かけたこともあるはず。

修復歴=事故車と思われてしまいがちですが、そうではありません。修復歴とは車の骨格(フレーム)部分を交換しているか、修復されたことがあるものを指します。

車の中でも重要な部分に、一度問題が起きたことを示しているわけです。

修復歴なしの車に比べて価格が安いというのは大きなメリットですが、その分安全性に問題がある可能性も高くなります。

ただ実際に修復歴のある中古車を購入したけれど、全く問題なく乗れているという方も多いです。

丁寧な修復がされている車なら大きな心配はいりませんが、どうしても避けられてしまう傾向があります。

実際に試乗し、問題無さそうか確認した上で、購入を決断したほうが無難です。

事故歴がある車に関しても、どれくらいの事故だったのかによって車の状態は大きく変わってきます。

安いからと安易に修復歴や事故歴がある車を購入すると、すぐに大掛かりなメンテナンスが必要になって、かえって高くついてしまうことがあるので注意しましょう。

希少性

少ししか発売されていない希少性の高い限定モデルなどは、中古車でもかなり高額になることがあります。

新車で欲しくて買えなかった人もいるので、そういった方が中古車で出回るのを待っているのです。

中には「購入できるならいくら出しても良い」と考えているような人もいるので、販売店としても強気の価格設定になるわけすね。

価格が高くなる時期があるのは本当?

中古車はどのように価格が決まるの?

タイミングによっても中古車の価格は大きく変動します。例えばボーナス時期は価格が高くなる傾向が強いのです。

ボーナスをもらってお金を持っている人が多いので、業者側も売り時として考えています。そういった関係もあり、この時期に無理な値引き交渉に乗ってくれるような業者は多くありません。

急いでいないのなら、ボーナスが支給されてしばらく経ってから購入することを検討しましょう。

また行楽シーズンも、家族で出かけることが増えることから中古車を購入する人が増える時期です。

購入者が増える時期は、どうしても中古相場が盛り上がりやすくなり、中古車価格が高くなります。

価格相場の目安を知りたいならシルバーブック

中古車はどのように価格が決まるの?

価格相場の目安を知りたいのなら、一般財団法人日本自動車査定協会によって発行されている「シルバーブック」があると大変便利です。

中古車の小売価格が掲載されているので、気になっている車種がどれくらいの価格で取引されているのかがわかります。

毎月1日に更新され、一冊1,030円です。ホームページから申し込みができるので、気になる方はチェックしてみてはどうでしょうか。

中古車選びは価格にこだわって

中古車はどのように価格が決まるの?

ご紹介してきたように、中古車は様々な理由によって価格が変動します。

中古車でもスペックが良いものは価格が高くなりますし、反対にあまりにも安過ぎるものは修復歴があったり、何かしらの理由が隠れている可能性が高いので、注意しなければなりません。

価格だけにこだわって中古車を選ぶのではなく、中古車の情報をよく集めて、納得のいく買い物をしましょう。